改造された車のフランジとハブガスケットの機能は何ですか?

改造された車のフランジとハブガスケットの機能は何ですか?

1.オリジナルのホイールであろうと改造されたホイールであろうと、さまざまな奇妙な理由により、ホイールとタイヤが車自体のフェンダーと一致していません。ここで一致するということは、車自体のフェンダーに基づいて、ホイールハブが多かれ少なかれあることを意味します。フェンダーの場合、ホイールハブが内側または外側に大きすぎるため、車の全体的な調整が行われます。

2.パフォーマンス、ここで言及されるパフォーマンスは、車両の安定性と車両のコーナリングロールの改善に焦点を当てています。確かに、同軸トラックの増加に伴い、それは車の高速とコーナリングのための良い安定性の改善を持っています。さらに、ドライバーにとっては、車のホイールとタイヤの位置が良くなります。

3.ホイールハブが広いため、強制的にet値が正確に計算されていません。ホイールハブを車に取り付けた後、インナータイヤがインナーライナーに擦れるので、スペーサーを追加してハブを外側に動かす必要があります。インナーライナーにこすれないように少し伸ばしてください。また、大型ブレーキの交換により、ホイールハブと大型キャリパーのスペースが不足しているため、ホイールハブをもう少し外側に拡張する必要があります。

実際、車の設計の本来の意図によれば、そのような追加の付属品は原則として不合理で危険です。

ガスケットやフランジを追加した後の車へのリスクは何ですか?

1.快適さの喪失。ガスケットやフランジを追加した後、車自体を毎日運転すると、特に悪路の状態では、ある程度の快適性が失われる可能性があります。極端な特殊な状況では、車のセミアクスルのユニバーサルジョイントに損傷を与える可能性があります。

2.体の揺れも多くの理由によるものです。ガスケットやフランジを追加すると、車の運転中にわずかなボディシェイクが発生する場合もありますが、このような状況はまれです。

3.タイヤの摩耗。軌道を大きくすると、ばね下質量も大きくなり、傾斜角度にもわずかな影響を与える可能性があります。タイヤの偏摩耗やインナーサイドウォールの摩耗など、タイヤの摩耗に影響を与える場合があります。、これらの状況が発生する可能性は高くありません。

4.ブレーキ効果が減衰します。ガスケットやフランジを追加した後、車のブレーキが以前ほど良くないことを知っているライダーはほとんどいません。この状況では、ほとんどの傾斜角が変化し、タイヤの着地面積が減少し、ブレーキングが以前ほど良くなりません。また、特定のアクセサリーを追加または交換すると、さまざまな問題が発生することを常に感じているライダーの心理的影響です。

5.ホイールベースの増加、バネ下重量、傾斜の変化などによるサスペンションシステムの変更、ハブにガスケットまたはフランジを追加した後、いくつかの優れた外国の改造機関が車をターゲットにします会社のサスペンションシステム全体は車の最適な状態を達成するために再調整されました。


投稿時間:2021年6月18日